JR・横浜市営地下鉄「戸塚駅」西口徒歩3分
横浜市戸塚区戸塚町6005-1 
フローリッシュテラス2F
045-860-1108

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂

眼瞼下垂は、上のまぶたが下の方に向かって垂れ下がっているため、まぶたが開けづらくなる状態です。生まれつきまぶたを開く力が弱い方がおり、この場合を先天性眼瞼下垂と呼ばれます。一方、生まれた時は正常ですが加齢によってまぶたの皮膚が弛んだり、様々な原因で眼瞼下垂になる場合を後天性眼瞼下垂と言います。コンタクトレンズの長期装用やアレルギーにより上眼瞼を反復的に擦る動作で発症することもあります。

眼瞼下垂の方は、下がったまぶたをおでこの筋肉で持ち上げてものを見ようとするため、常におでこの筋肉が収縮した状態となり、肩こりや頭痛が起こることもあります。眼瞼下垂の手術を受けると眼が開きやすくなり、物が見やすくなって目も疲れにくくなったり、肩こりや頭痛が改善する方も少なからずおられます。また、形成外科で眼瞼下垂の手術を受けると、見た目もきれいな二重にすることが可能です。

腱膜性眼瞼下垂症とは

眼瞼下垂

腱膜と瞼板の接合部分はたいへんデリケートで、強くこすったり、何度もこすったりしているとはずれてしまいます。 上眼瞼挙筋はミュラー筋を引っ張ってまぶたをあげるようになりますが、瞼板とはずれた腱膜も目の奥の方に引っ張られていきます。すると、ミュラー筋もどんどん伸びていき、つねにセンサーが張られている状態になります。その結果、交感神経の刺激の補助がなければ、まぶたを開けることができなくなります。交換神経が昼夜を問わず、常にはたらかなければならなくなり、それが体に様々な異常を引き起こすようになります。

腱膜性眼瞼下垂症の進行について

  1. 正常の状態です

    ① 正常の状態です。瞼板と腱膜がつながっています。

  2. 腱膜分離症

    ② 瞼板と腱膜の接合部分がはずれました。
    間膜が瞼板から分離した状態ですので、腱膜分離症です。

  3. 腱膜すべり症
    腱膜すべり症

    ③ 腱膜が瞼板からはずれ、少しずつ目の奥に引っ張られていきます。
    腱膜が滑っている状態で腱膜すべり症と呼びます。

  4. 腱膜性眼瞼下垂症

    ④ 腱膜が目の奥に引っ張られ、同時にミュラー筋も引っ張られた状態です。
    腱膜性眼瞼下垂症です。

当クリニックを受診される患者様へ
  • 当院は診療の混雑緩和のため「完全予約制」とさせていただいております。お電話にてご予約をお取りの上、ご来院ください。
  • ケガややけど等、緊急性のある場合にはまずお電話でお問い合わせください。緊急度に応じてご案内させていただきます。
  • 当日のご予約が可能な場合もございますので、お気軽にお電話でお問い合わせください。
住所
横浜市戸塚区戸塚町6005-1 
フローリッシュテラス2F
アクセス
JR・横浜市営地下鉄
「戸塚駅」西口徒歩3分
045-860-1108
【休診日】火曜、土曜午後、日曜、祝日
最終受付は17:30となります。
診療時間 日祝
9:30-13:00
14:30-18:00